ビジネスコミュニケーション

ビジネスコミュニケーションの授業で

「緊張」や「あがり症」についての、メカニズムをサラリとお伝えしています。

何故か
皆さん自己PR練習の場では魂を削る程の緊張と闘っており、
その「緊張対策」でもありますが、
仕事をしていく上でも


「伝えたい事」と「言う事」の区別が付かなくなっている人が多いからです

 

🔵「言ったらいい」

これでは人の気持ちは動かないですし、紙やメッセージで伝えたら良いでしょう。

✔︎思いやりも伝わりづらいです
✔︎冷たく感じます
✔︎緊張したり、表現力も無くなります

🔴「何か伝えたい事がある」

だから私達は話すんです。伝えるんです。

✔︎表現力が出てきます。
✔︎気持ちが伝わって魅力的になります
✔︎温かさを感じます
✔︎緊張が緩和され程よい緊張感にグッと近づきます

⬛︎「何を伝えるのか」本質的な事を分かっていないと
▶︎「言えばいい」
仕事だったら
▶︎「すればいい」
になるんです。

想いの無い仕事は事故を起こしまくります

✅人生の虚無感に繋がる
✅お客様のクレームに繋がる
✅やり甲斐が無くなる
✅人間的成長も大きく妨げられる

こんな事に繋がります。
これは練習でしか身につきません

傾聴」「質問」「共感などのスキルを学びながら練習をしていきましょう

🌻あがり症や緊張のメカニズム、話し方まで段階を追って学ばれたい方は
🕊あがり症克服プログラム へ

🌻取り急ぎ具体的に話したい事のレベルを上げたい方や、学びつつ練習をされたい方は
🕊話し方セッション へ

🌻「超傾聴力」「すぐ使える!共感力と質問力」講座もございます

関連記事

  1. かかかかかか花粉症ー

  2. 問いかけ

  3. 最近、言いたい事をズバズバ言いまくるYUKOです

  4. 【学びの秋】🍁

  5. 【頼りになる税理士さん】

  6. 起業に悩まれている方 スタートアップ手伝います(^^)&#x…

最近の記事 おすすめ記事