YUKOpcsでは、体力測定を行っています
ご自身の体力をチェックして、健康でしなやかな身体作りを目指しましょう。

握力

握力は握る力だけでなく、身体の他の筋力と関係が深い事から、全身の筋力の程度を予測することが出来ます。

測定方法

 


①直立で、両足を左右に開き、手は腰の横へ
②体や衣服に触れないようにして、力いっぱい握る

 

平均と比較してみましょう

握力 単位(Kg)

年齢

男性

女性

20-24
45.84 27.80
25-29
46.44 28.23
30-34
46.92 28.21
35-39
46.75 28.72
40-44
46.69 28.91
45-49
46.42 28.47

握力 単位(Kg)

年齢

男性

女性

50-54
45.63 27.72
55-59
44.68 27.32
60-64
43.11 26.53
64-69
40.38 25.41
70-74
38.00 24.03
75-79
35.90 23.06

※利き手で測定
※2019体力・運動能力調査 政府統計(e-Stat)


 

長座体前屈

体の柔軟性を測ります。柔軟性が高く、関節が滑らかに動くと、怪我の防止に繋がります。

測定方法

①背筋を伸ばした状態から腕を前に伸ばし、指先に測定バーの先がくるよう器具を調節

②前屈をしながら測定バーを押し、目盛りを確認します

 

平均と比較してみましょう

★1行の表の場合


年齢

長座体前屈(cm)

男性

女性

20-24
45.33 45.23
25-29
43.99 44.51
30-34
43.67 43.56
35-39
40.97 42.23
40-44
40.51 41.90
45-49
39.87 41.27
50-54
39.04 41.90
55-59
37.77 42.30
60-64
37.75 41.72
64-69
35.64 41.04
70-74
35.79 40.83
75-79
35.16 39.56

※2019体力・運動能力調査 政府統計(e-Stat)

★画像の表の場合


 

立ち上がりテスト

片脚または両脚で立ち上がれるかどうかで下肢筋力を測定します。

測定方法

40㎝、30㎝、20㎝、10㎝の台があり、両脚や片脚で立ち上がれるかをテストします。

まずは40㎝の台を両脚で測定
①両腕を組み、反動をつけずに立ち上がる

両脚ができたら片脚で測定
①ひざは軽く曲げてもOK
②両腕を組み、反動をつけずに立ち上がる

できたら1つ低い台に移り、片脚で挑戦

 

<判定方法>

・左右共に片脚で立ち上がれた一番低い台を測定結果とします。
・40cmの台から片脚で立ち上がれなかった場合は、両脚で立ち上がれた一番低い台が結果になります。

<難易度>
(高)片脚10㎝>片脚20㎝>片脚30㎝>片脚40㎝>両脚10㎝>両脚20㎝>両脚30㎝>両脚40㎝(低)

平均と比較してみましょう

各年代50%の方が立ち上がれた高さ

年齢

男性

20-29

片脚

20cm

30-39

片脚

30cm

40-49

片脚

40cm

50-59

片脚

40cm

60-69

片脚

40cm

70歳以上

両脚

10cm

年齢

女性

20-29

片脚

30cm

30-39

片脚

40cm

40-49

片脚

40cm

50-59

片脚

40cm

60-69

片脚

40cm

70歳以上

両脚

10cm

あわせてチェック!ロコモ度判定

セーフ
・左右の片脚で40cmの台から立ち上がれる

ロコモ度1

・片方の脚で40cmの台から立ち上がれない
・両脚で20cmの台から立ち上がれる

ロコモ度2
・両脚で20cmの台から立ち上がれない
・30cmの台から立ち上がれる

ロコモ度3
・両脚で30cmの台から立ち上がれない